もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など…

派遣会社での仕事が決まりました。勤務1日目に

派遣会社でのお仕事が決まりました。就業1日目に派遣会社の営業の担当の方と就業先近くのコンビニエンスストアで落ち合う予定だったのですが、営業担当者がどういうわけか約束をしたお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたら担当者はあろうことか雑誌コーナー前の通路に座り込んで成人雑誌のグラビアページを開いて閲覧していました。こんな担当の人のお仕事なんてやってられないと考えて、その場で声をかけることなく気付かれないように店を出てすぐさま派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

求人広告には、大部分の場合はたいていの企業では

求人情報にはとうぜん大部分の企業では月の給与の記載に目が行きますよね。でもこの月収の部分を確認する時には、しっかり確認する事が欠かせないです。数字だけ見てわかってしまわないほうが良いです。会社によっては、月収の中身に「毎月10時間分の残業」が含まれているおそれもあります。それは残業代の金額を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集していることも珍しくありません。それ以外にも、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せているケースもあったります。だから、そういった「不誠実」極まりない案件は、興味を持たないほうが賢明です。

例えば、転業を決心をしたのであれば、徹底して

仮にあなたが、転職の決心を固めたなら、徹底的に周りには内密にその気持ちを知られないように、首尾よく転職活動していき、現職期間中には、できるだけ社内の人間に気づかれないように淡々と仕事をする方がとても合理的です。働いている間、その点を心にとめておけば、たとえ転職先探しに見付けることができなくても、転身予定を延ばしつつ、現職にそれまで通りにし続けても簡単にできます。でも迂闊にも「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人間は、その言葉に合わせた動きを取ります。それに周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、会社内では「あいつは転職する人」という位置づけになります。そういったシチュエーションのあとで、転職する気持ちが薄れ、「やっぱナシで」となっても、周囲の人たちには、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見るので、仕事中ずっと、身の置き所がない思いをする可能性があります。

今までの求人誌には、雇用側の希望する「性別」が

以前の求人誌に「性別」が書かれているのが普通でした。けれど最近では、「男女雇用機会均等法」が成立した影響もあり、男女差別が採用時にしてはいけない事となり、求人情報の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。そんな風に時代が変化したものの、求人募集をしている会社は、実はどちらが希望と言う想いがあるはずです。ですから、実は男手を必要な会社に女性が募集にやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。仮に、「女性が活躍している職場です」と記載のある求人募集の場合は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいたほうができます。

もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」など、

もしあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にて都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。一昔前とは違い求人情報サイトを見れば、郊外・地方の求人もいつでも簡単にアクセスできます。ですが、地方での求人の場合、どうしても選択肢が限られてくるのが痛いところでもあります。ですから、転職サイトを使用するのは当たり前ですが、求人情報サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもまめにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する就業サポートのイベントにも見逃しがないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です